アフィリエイト入門 初心者から中級者までフォローします!!


by silentlight

<   2006年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

私は20歳の時は商売人を軽蔑し会社員になるつもりはありませんでした。それでアニメ作家か漫画家を仕事として考えてました。しかしアニメ作家にも漫画家にもなれませんでした。私は7年前は倉庫で働いていましたが仕事のプレッシャーに耐えられなくて退職しました。漫画家を目指して漫画ばかり描いていた男に会社員稼業は向かなかったようです。今無職になり金のない状態に陥ると金がないのは辛いです。それでアフィリエイト、ヤフオク、今はなきライブドアオークション、ライブドアパブリックジャーナリストというフリーランスジャーナリストに手を出しました。今考えると金儲けが何故によしとされてるかというと他人様のお役に立つからだという風に思いが至り今は商売を忌避する気持ちはなくなりました。それで今は胸を張ってアフィリエイトをしているわけです。
[PR]
by silentlight | 2006-12-31 19:19 | アフィリエイター日々随想
この言葉はインフォカート設立者田渕氏の言葉です。
岩元貴久氏の著書に「売りたければ売らない」という文句があります。
これは言い換えれば
あなたの商品に興味をもって購入するかどうかのスイッチは
お客さんの心の中にあるから押し売りではいけないということです。
売買が成立するヒントは
お客さんの心のスイッチにあります。
だから、あなたのブログもそのことを考えて書きましょう。
お客さんの心のスイッチをお客さんに一つ一つ押していただくような
記事を書くように心がけましょう。
仏教の教えに次第説法(しだいせっぽう)というのがあります。
これは相手の心境の段階に応じて教えを変えるということです。
商売にも言えることです。
お客さんのステージに応じた接客をしましょう。
お客さんのステージとは
一見客→見込み客→新規客→リピーター→ファン
というお客様のステージのことです。
お客様のステージに応じた接客をして
お客様に心のスイッチを一つ一つ押していただいて
幸せな売買を実現しましょう
あなたのブログの記事の文言の一つ一つが接客です。
ディズニーランドの接客のように超一流の真心込めた接客をしてお客様に感動を与えましょう。
[PR]
by silentlight | 2006-12-30 12:58 | 売れるブログの作り方
売れるブログ作りの際に大事なことを言います。
一つのブログだけは儲かりません。
メルマガを発行し、他のテーマでブログをし、SNSでコミュニティに参加してマイミクを増やし、ブログランキングを活用し
それらを入り口として、あなたのアフィリエイトブログに誘導しましょう。
誘導する際に大事なことは
あなたのアフィリエイトブログを訪問することで訪問者に与えるメリットを訴求しましょう。
そうして訪問した人は
あなたのアフィリエイトブログに誘導された人は、あなたの扱ってる商品を買う見込みがかなりある客です。
これが間口を広く取り客層を絞るという意味です。
[PR]
by silentlight | 2006-12-30 12:30 | 売れるブログの作り方
売れるブログを作る際に大事なことは
あなたが扱う商品ジャンルを広く取って
客層を絞ってねらいを定めてブログを運営することです。
マーケティングの世界で常識となってることに
魚の集まる場所で釣り糸を垂らせ
とよく言われます。
客層を絞ってあなたの扱ってる商品を必要としているお客さんがいる市場にねらいを定めて
ブログを運営することです。
例えば当ブログは「アフィリエイト入門」というブログですが
当ブログのお客さんは
今の収入では苦しいのでもっとお金が欲しいと思ってる人を対象にしています。
タイトルを「アフィリエイト入門」としたのは最初から絞りすぎのような気もしますが
タイトルを「アフィリエイト入門 あなたの家計を楽にする副業ブログ」とすればもっといいような気もします。
ひょっとしたらタイトル変えるかも知れませんね
脱線しましたが
話を元に戻します。
当ブログのタイトルは「アフィリエイト入門」となっています。
当ブログのお客さんは
今の収入では苦しいのでもっとお金が欲しいと思ってる人を対象にしています。
客層は絞れてます。
扱う商品ジャンルは広く取らないと商売にならないので
今はやりの情報商材、書籍を商品にしていますがちょっと足りないですね
「アフィリエイト入門」ですので商品ジャンルをどう広げるかが当面の課題です。
物販系のアフィリエイトなら商品ジャンルが広げやすいですが仕方ないですね。
さて客層を絞ってあなたの扱ってる商品に興味があるお客さんのいる場所は何処でしょうか
「人気ブログランキング」「ブログ村」であなたのブログのテーマに関連のあるカテゴリーにあなたのブログを登録してブログに足跡を残しましょう。
もちろん、あなたのブログのリンクを貼ってあなたのブログに誘導するのが目的です。
SNSのミクシィも有望です。
ミクシィのコミュニティであなたのブログのテーマに関連のありそうなコミュニティで人数の多いコミュニティに参加してコミュニティ参加者の皆さんと仲良くなってマイミクになっていただきましょう。
ミクシィでのあなたの日記をあなたのブログにリンクしましょう。
マイミクの方があなたの日記を見てくだされば、あなたのブログに誘導されて買い物をしてくださるかも知れません。
[PR]
by silentlight | 2006-12-30 11:08 | 売れるブログの作り方
「主婦もかせげる パソコンで月収30万」
急がば回れです。
高価なアフィリエイトノウハウを買う前にこの本を買ってアフィリエイトというものを学びましょう。
アフィリエイター藍玉さんの自伝ですがアフィリエイトする上で大事なことが書いてありアフィリエイターとしての悟りが得られてアフィリエイト収入に1歩近づきます。
[PR]
by silentlight | 2006-12-29 14:36 | おすすめアフィリエイト関連書籍
アフィリエイターの仕事は消費者が訪問した場合に購買の際の当たりはずれのリスクを実感のこもった商品コピーで軽減することです。
購買の邪魔になる障壁を取り除くことをリスクリバーサルと言います。
ブログで広告主の商品を紹介する際は
自分がなぜこの商品を買おうと思ったのか
購入した商品を自分はどんな風に使ってるのか
見た目だけじゃなく肌触り、香り、手触り、音、味を書いてください。
箱に入った状態の写真を撮影し
箱から出した状態を撮影し
実際に使うところを撮影してあなたのブログの訪問者に伝えてください。
そういうことが購買心理の障壁を取っ払うことに役に立ちます。
ネットで売るのは商品じゃなく商品の情報です。
商品情報を余すところなく伝えましょう。
そういう努力が成果につながります。
[PR]
by silentlight | 2006-12-29 13:53 | 売れるブログの作り方
与えることで巨富に1歩近づきます。
「与える」とは何か
アフィリエイトに当てはめるとアフィリエイト関連書籍やアフィリエイトマニュアルを買うことを意味します。ノウハウコレクターでもいいんです。とにかく自己投資することが大事です。
アフィリエイト関連書籍を販売している人に書籍代としてお金を与えると
それが心の収穫として返ってくるんです。
神秘的なことを言うなあと
あなたは思われるかも知れませんがアフィリエイターとして生きる私の悟りを言ったのです。
与えることで豊かになる
と岩元貴久氏も言ってます。
多分この言葉は分かる人には分かると思います。
[PR]
by silentlight | 2006-12-29 13:15 | アフィリエイター日々随想
アクセス解析を導入することでアフィリエイト販売戦略が立てられます。
アクセス解析とは何かというとあなたのブログへのアクセス状況を詳細に分析できる機能です。
どんなキーワードでアクセスしてきたのか、どのサイトからアクセスしてきたのか
これが分かるとアクセスを増やすために何をすればいいのかが分かります。
訪問者のサイト内移動情報や平均滞在時間が分かるのであなたのブログの問題点が分かり売れるブログの改善ができます。
[PR]
by silentlight | 2006-12-29 11:36 | 売れるブログの作り方
記事に載せるキーワードを考えないといけない
多くの人は2語以上のキーワードで検索して来る
「園芸」で検索結果のトップに表示されるより「園芸」「用品」でトップに表示された方が購買意欲の高い訪問者を集めやすい。
それから2つのキーワードは記事の中でできるだけ近い位置にあった方がいい。
どうやって検索エンジンから来た人に買わせるか
ジャガイモのレシピを見にくる人にジャガイモを売ることはできません。
ジャガイモはもう買ってるからです。
それよりもジャガイモ料理に使う調味料やジャガイモの長期保存に役立つ保存容器の方が売れます。
そのキーワードで検索してくる人の心理を想像して訪問者の心理を射止める商品を配置することが大事です。
[PR]
by silentlight | 2006-12-29 09:28 | SEO対策

SEO対策

SEO対策とは検索エンジンの検索結果で上位表示されるよう工夫することです。
あなたのブログを上位表示させるには一つの記事にキーワードを2語以上書かないといけません。例えば「アフィリエイト」というキーワードで検索結果で上位表示されるにはあなたのブログの一記事の中で「アフィリエイト」という言葉を2語使わないといけません。
[PR]
by silentlight | 2006-12-28 20:51 | SEO対策